新年のご挨拶(2018年度理事長 倉橋 龍太郎)

2018/01/03 - 新着情報

 新年明けましておめでとうございます。お健やかに初春をお迎えのことと心よりお喜び申し上げます。また、
旧年中は並々ならぬご厚情を賜り、深く感謝いたしております。本年も引き続き当青年会議所の活動にご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。
 さて、近年の青森を取り巻く状況は、緩やかな景気回復の中ではありますが、人口の減少に歯止めが掛からず、人口減少率が全国ワースト5を記録し、待った無しの状況が続いています。人口減少によりこれから訪れる変化に、もっと市民のまちづくりに参画する意欲を醸成し、将来へのビジョンを共有して活気と一体感を作りだしていかなければならないと考えております。
 当青年会議所は1951年の創立より、20歳から40歳までの青年経済人が、ひとづくり・まちづくり運動を展開しています。60年以上に亘り、当会から500名以上の人財を輩出してきました。歴史と伝統を築いてきた先輩諸兄に敬意を抱き、我々は率先して地域の課題を調査分析し、先駆けてまちに対して運動を展開していく責任を強く意識し、活動に邁進します。
 また、2017年度より、『Attractive Action Aomori』~行動しよう!魅力溢れるまちを目指し~、をスローガンに掲げ、青森の魅力を最大限に発信し、ひとが行き交い、行ってみたい・住んでみたい・住み続けたい魅力あるまちを目指す取り組みを、一貫しておこなっております。まちづくりを前に進めるために、我々青森青年会議所は、切磋琢磨の中で磨かれる、率先して行動する気概をもった人財を一人でも多く増やし、活気が溢れるまちへ向けて活動して参ります。
 本年は「共感を生みだせ」というスローガンを掲げて運動を展開します。メンバー一人ひとりが責任と覚悟をもち、影響力を培っていくことで、ひとやまちに共感をうみだす事業を展開して参ります。絶え間なく共感が生みだされるまちは、慈愛と思いやりの気持ちで溢れ、笑顔の絶えない明るい豊かな社会へとつながっていくと信じております。
 本年も皆様にとって実り多き一年になりますことを心から祈念いたしております。

  • これまでのあゆみ
  • 青森ねぶた祭出陣の歴史
  • 先駆

青森ねぶた祭」への提言書策定について

青森市を象徴する文化である青森ねぶた祭を、これまで以上に我々の子や孫が誇りと愛着を持って楽しめる祭りとなるよう未来へ向けて持続発展していくために、提言書を策定いたしました。
青森ねぶた祭の提言書ダウンロード[PDF:7.6Mb]
JCはやし隊
跳トモプロジェクト
公益社団法人日本青年会議所
一般社団法人函館青年会議穂
東北地区協議会
青森ブロック協議会
TADS-NET 災害掲示板
未来へつなぐプロジェクト

このページのトップへ