【報告】5月例会『わんぱく広場2019 作ろう!!君だけのねぶたグッズ!!』

2019/05/08 - 新着情報 | 活動報告

5月例会、わんぱく広場2019『作ろう!!君だけのねぶたグッズ!!』開催しました。本例会は岡崎副理事長率いる、JAYCEE塾担当の例会です。本事業では、第14回AOMORI春フェスティバルへブース参加させていただき、わんぱく広場2019『作ろう!!君だけのねぶたグッズ!!』と称して、子どもを対象に木札、ガガシコのねぶたグッズ制作しました。少しでもねぶたに参加する子どもを増やしたい、という思いを込めて新入会員が考えた事業です。

当日は少し風があるものの雲一つない快晴。お出かけ日和です。準備にも力が入り、開始の30分前にはスタンバイ完了。あとは人が来てくれるかどうか。

すると開始時間前ではありましたが人が集まり、少し早めにスタートしました。新入会員のみなさまも準備してきた成果を発揮すべく、子どもに木札の作り方を教えておりました。不安をよそに滑り出しは順調です。

しかし想定を超え、次々に人がきて1時間も経たないうちにブースは一杯となってしまいました。メンバー総動員で対応にあたるもなかなか追い付かず、お待ちいただく場面もでてしまいました。

木札は木の板に自分の名前などの文字を写し、彫刻刀で掘り出していきます。

作り始めると参加された皆様の表情は変わり、真剣そのもの。親御さんも加わり、親子で作業している方も多くいらっしゃいました。

こちらはガガシコ。みなさま思い思いの絵を描いていました。出来上がった作品を少しご紹介します。

キャラクターやねぶた、動物、自分の家族や思い出など、オリジナルの木札、ガガシコが出来上がりました!

こちらはアトラクションとして準備した棒パンです。自分でパンを焼き上げ、おいしそうに食べてました!

天気にも恵まれ、人出は衰えることなく、予定していた数量は午前中でなくなり、春フェスティバルの終わりを待たずして当会のブースは終了いたしました!お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!そしてできなかったみなさま、申し訳ございませんでした。

私たちの願いは今日作った木札、ガガシコを付けた子どもたちが8月のねぶた祭で元気に跳ねる姿を見ることです。自分で作ったオリジナルのねぶたグッズを通して、ねぶたに関心を持ち、跳ねてみたい、と思ってもらえたらこんなに嬉しいことはありません。

それは8月までわかりませんが、子どもたちの溢れる笑顔に8月もねぶた祭で再会できるだろうと思わずにはいられません。このように意識に変化を与えるのが私たちの活動の軸であり、新入会員のみなさまもそれを感じることが出来た事業だったのでは、と思います。新入会員をはじめ、参加したみなさま、お疲れ様でした。そしてこれからも一緒に頑張りましょう!