事業案内

創立70周年準備室

室長 石田 壮平

我々は、1951年の創立以来先輩諸氏の誇りを受け継ぎながら、明るい豊かな社会の実現に向け運動を進化させてきました。来年に控える創立70周年は、地域、他青年会議所へこれからの運動指針を示し、未来の青森を牽引する団体としての信頼をより強固にする絶好の機会です。我々は本年から住むまちの現状を的確に捉え、他団体との連携を強化し、2021年初から創立70周年の運動を展開出来る体制を作り上げる必要があります。

まずは、我々のまちの現状の資源・課題を客観的に把握するために、住民・地域団体・他青年会議所など多様な立場の方々へ意識調査を実施しその結果を分析することで、我々の地域での位置付けを明らかにします。そして、創立70年からの運動指針の礎を築くために、会員一丸となって調査結果の検討会を実施し、次代の運動の展開に向けて会員の知識と意欲と自信を向上させます。また、我々の活動する地域の特徴を見つめ直すために、第50回目となる青森ブロック大会の主管LOMとして実行委員会を設置・運営し、大会運営の協力と共に我々の考える地域資源を明確にします。さらに、明確になった地域資源を活用・発信するために、青森ブロック大会大懇親会の企画・運営を担い、他青年会議所・地域へ青森青年会議所のエネルギーを証明します。そして、共に地域を牽引する仲間との絆を深めるために、青森で活動する団体と連携してまちを創り上げていくすばらしさを共有する交流事業を実施し、我々の運動に共感し切磋琢磨して行動する同志を増やします。

多様な視点からの現状の調査分析と様々な立場の方々とのかかわりを経験することにより、創立70年からはじまる運動指針の礎を築き全会員が自分たちの立ち位置と向かうべき方向性を共有した我々は、次代に向けて一致団結した組織へと成長を遂げます。成長した我々の運動はより一層住民の意識を変革し、温誇知新の精神が息づく青森を実現します。

青少年育成委員会

委員長 黄金﨑 翔

私たちが住む青森には、気付くことが出来ない可能性や魅力、出来事が数多くあります。将来私たちのまちの主人公になる笑顔いっぱいの子どもたちは、原体験の中で文化を魅力として感じ、歴史や過去の出来事を学ぶことで新たな気付きや発見をします。文化や歴史を直接伝えることの出来る人が減っている今、子どもたちが自ら学び知りたいと思う気持ちをもち、自ら率先し行動出来るような可能性溢れた存在へ成長させる必要があります。

まずは、将来を担う子どもたちが郷土を誇りに思う気持ちを創り出すために、世界に誇る青森ねぶた祭や伝統工芸など、私たちのまち特有の未来へ伝えるべき文化に子どもたちが直接触れ実体験することで、住んでいるまちに今まで以上の関心をもち、自ら参加したいと思う気持ちが芽生える機会を創出します。そして、まちの歴史を身近に感じ、歴史をもっと知りたいと思う気持ちを創り出すために、平和で住みやすい充足された今がある理由を自ら考え、まちの歴史に直接触れ、未来に伝える必要性をわかってもらうことで、率先して学び探求する気持ちが芽生える機会を創出します。また、子どもたち自身が文化を実体験し歴史を疑似体験することは、聞いて学ぶ歴史とは異なり理解度を深める有意義な経験であり、子どもたちの胸により深く刻まれます。さらに、我々委員や会員全体もまちの歴史を学ぶ意識をもち、よりよい事業を展開するための手法を議論し、意識を共有することで、子どもたちのまちの歴史を進んで学びたいと思う意識を創り出す手助けをします。

私たちの住むまちの文化や歴史を体験した子どもたちは、人に自信をもって伝えられるようになります。自ら学び習得した知識は、郷土の魅力に気づくきっかけとなり、愛着に変化し、誇りへ発展します。郷土への誇りを育んだ笑顔いっぱいの子どもたちは、青森の新たな可能性を切り開く人財へと変貌を遂げ、温誇知新の精神が息づく青森を実現します。

ねぶた事業室

室長 村木 裕俊

ねぶたは圧倒的な迫力、美しさにより人々を魅了し、まちの発展へ貢献してきた世界に誇れる祭です。またねぶたは市民により育まれてきた祭で、青森青年会議所は初出陣以来、市民と共に祭を創り上げてきました。私たちは先人が紡いできた、ねぶたを通じた地域の発展への想いと市民がねぶたを支えてきた伝統を受け継ぎ、市民が心から楽しみ、感動を共有出来る運行を実施し、ねぶたを愛し地域の発展を願う市民を増やす必要があります。

まずは、会一丸となり青森ねぶた祭運行に臨むため、青森ねぶた祭を学ぶ場を設けます。ねぶた運行は多くの役割により運行が成り立っており、それぞれの楽しさ、大切さを知ることで、会員のねぶたへの参加意欲を促します。そして、運行当日に想いを最大限に発揮するために、ねぶた実行委員会の設置、運営をおこない、会員の役割を明確化し、想いを一つにして運行を創り上げていきます。また、ねぶたの担い手を育成するために、市民がねぶたに触れる場や運営に参加する場を設け、楽しさ、やりがいを感じ、ねぶたへの関心や参加する意識を醸成します。また、運行関係者が一体となった運行をするため、出陣式を執りおこない、運行のイメージを再確認、安全を祈願し、関係者の意識統一を図ります。そして、第53回ねぶた祭出陣事業に臨み、全員が力を発揮し、勇壮なねぶた、躍動感溢れる跳人、華やかな囃子が一体となる運行をおこなうことで、心から楽しみ記憶に刻まれるような感動を生み出し、ねぶたへの誇りと愛を育むと共により強固なものとします。

ねぶたを愛し、誇りが育まれることで、能動的にかかわる市民が増え、ねぶたを継承する礎となります。また、多くの市民と協力して運行を成し遂げることで、お互いや地域を想う気持ちが育まれます。ねぶたを通して育まれるまちへの意識や周りの人を想う気持ちは、よりよいまちを創る原動力となり、青森の未来を創る人財が溢れるまちへとなります。

JC運動拡大委員会

委員長 森 舜亮

我々は明るい豊かな社会の実現に向けて運動を継続しています。会員が減少し続ける今、会の魅力をより多くの人に発信し志を同じくする仲間をより増やすことが命題となります。メンバー一人ひとりがJC運動を拡大し会を存続することの重要性を再度自覚したうえで活動に積極的に取り組み、より貪欲にまちへの想いを共有出来る新たな同志を求め会の原動力とし、会として誇りと新たな気付きに満ちた運動を継続していく必要があります。

まずは、2021年の創立70周年という節目を100人LOM体制で迎えるために運動の拡大に対する想いを委員会が先頭に立ち発信し続けます。また、過去から学び、誇りを受け継いだJC運動を拡大させるために、過去の拡大事例から拡大のマインドと手法を学ぶ機会を設け、全会一致で会員拡大をおこなう空気感を共有し、メンバー一人ひとりの拡大意欲を高め当事者意識を醸成します。そして、最も有効な手法で会員拡大を推し進めるために、会員からの入会動機や候補者の状況を鑑みた情報を取り入れてリストを更新し、より効果的な会員拡大となる情報を全会員で共有します。また、今ある広報媒体の効果をより深く知りより効果的に活用するために、現状の反響などの数値を分析し他の媒体との比較検証をすることで、会の今と未来への広報戦略を視覚化します。さらに、運動を広く拡大するために、会員拡大と広報戦略の両輪を常に回し続け、分析と検証と結果の蓄積を繰り返しおこない、より洗練されたJC運動拡大に対する想いを背中で示します。

メンバー一人ひとりは会の存続と発展に向けより強い当事者意識をもち、まちへの強い想いを伝播する人財へと成長します。そして、新たな力を獲得しさらなる原動力を得た我々はJC運動の拡大を自然におこなうことが出来る集合体へと進化します。我々はより多くの同志と魅力を活かし、今後もまちの発展に寄与する組織として運動を継続し発展し続けます。

JCスクール

委員長 吉川 康久

青森青年会議所はまちづくり・ひとづくりに真摯に向き合い積極的に行動を起こす人財を数多く輩出してきました。様々な動機で入会してくるメンバーは活動を通じて仲間や関係者と触れ合い多くの気付きを得ながら、いつの間にかまちづくりを本気で語る市民へと成長し、次の世代の模範となっていきます。今後益々激しく変化する時代を見据え、新入会員に秘められた可能性を開花させ、地域を牽引する存在へと成長を促す必要があります。

JCスクールでは同期の考えや行動を常に意識させ、切磋琢磨を繰り返すことによる意識変革を委員会運営の基軸とし、青森青年会議所の理念や仕組みを学ぶために多くの機会を創出して参ります。まず、委員会において新入会員の活動環境や入会動機を考慮し、それぞれに応じた助言や研修などをおこない青年会議所運動・活動への理解を深め、各事業への積極的な参加を推し進めます。また、青森青年会議所が持つネットワークを活かし、各種大会や諸会議などの青年会議所関連行事や他団体の活動へも目を向け、まちづくりに対する見識と人脈を広げます。そして、青森青年会議所が長年続けてきた青少年育成事業の運営を担い企画から検証まで責任をもって実施することで、過去の歴史を学びながら事業構築のノウハウを体得し、同時に楽しさとやりがいを感じてもらいます。また、一年の活動の中から自らの変化を振り返り、協力し合うことの大切さや青年会議所運動の意義を再確認し、次年度以降に活躍するための目標を掲げ、さらなる飛躍へのステップとします。

青年会議所では、入会時の学ぶメンバーから伝えるメンバーへ、延いては生み出すリーダーへと進化することが可能です。苦楽を共にしながら信頼し合える関係を築いたメンバーが深い絆で結ばれ、温誇知新の精神でこれからも切磋琢磨しながら成長を続けていくことで、地域のかけがえのない人財となり、青森の明日を切り拓く原動力となっていきます。

総務局

総務局長 葛西 洋輔

当会は青森県内では第1号の青年会議所であり、70年にわたり受け継がれる、他に誇るべき歴史と伝統があります。現在の定款諸規程をはじめとする組織の在り方は、地域から信頼される組織の形を模索した結晶ですが、その中に込められた想いを学ぶ機会は多くありません。我々の責務として、地域の信頼に応えられるよう規律正しい運営を浸透させると共に、組織内でも各委員会の下支えをし、組織の運営を更新していく必要があります。

まずは、諸先輩方に対する敬意と地域に対する感謝、今年の活動についての決意を示すため、堂々とした新年祝賀会を行い、メンバーの一年の活動に対する意識を高めます。次に、会議を充実したものにするため、円滑な資料配信を行うことで、理事会を活発かつ建設的にします。また、会の意思決定をするために、総会の設営運営を厳かに執り行うことで、案件を審議することの重要さを伝えます。そして、理事長の想いを共有するために、各事業を実施する際には例会セレモニーを厳粛に執り行うことで、会の運動へのモチベーションを高めます。加えて、定款諸規程や財務管理をはじめとする本会の運営面全般に対する基本的な知識を養うために、勉強会を実施し、会の運営に対する理解を深めます。勉強会では、各種法令との適合性も図るために、時代に合わせた運営のあり方について全メンバーで検討し、意識の共有を図ります。疑問点や改善点についての洗い出しを行い、一人ひとり意見を汲み取ることで、メンバーの会の活動に対する意欲、興味関心を高めます。

メンバー一人ひとりが組織の仕組みを理解して運営に協力することが出来れば、多くの活動をより効果的に行うことが可能になります。加えて、運営面の見直しを自分たちの力で成し遂げられる知識は、現代のリーダーに求められる重要な資質として燦然と輝きます。このことは会自体の魅力を高め、地域社会で活躍する多くの仲間への共感を呼んでいきます。