公益社団法人 青森青年会議所

2021年度3月例会 青年会議所について学ぶ事業「青年会議所を学び、時代に合ったJAYCEEを考えよう」を開催致しました。

会報誌「先駆」

会報誌「先駆」

会報誌「先駆」2021年度 第1号
https://aomorijc.or.jp/sakigake_2021vol1/
会報誌「先駆」2021年度 第2号
https://aomorijc.or.jp/sakigake_2021vol2/
会報誌「先駆」2021年度 第3号
https://aomorijc.or.jp/sakigake_2021vol3/

2021年3月15日(月)18:30より しあわせプラザ3階大会議室にて2021年度3月例会青年会議所について学ぶ事業「青年会議所を学び、時代に合ったJAYCEEを考えよう」を開催致しました。

本例会は目まぐるしく変わりゆく環境に対応すべく、青年会議所について改めて学ぶ機会とし、これからの様々な状況の変化に対応していくために、時代にあったJAYCEEとはどのようなものかということについて考え、意識醸成を図る例会でした。

例会の内容は2部構成で、第1部では青森ブロック協議会より佐々木邦和会長をお招きし、長尾理事長、岡崎直前理事長を交えた3名による体験談を踏まえた青年会議所についてディスカッション形式で講演して頂きました。第2部はメンバーが各班に分かれ、これまでの当会の事業と当会の課題をゲーム感覚でランダムに組み合わせ、課題解決に向けて様々な角度から柔軟な発想で考え発表するグループワークを実施致しました。

本例会の実施は、青年会議所に対する基本的な知識を改めて学び、JAYCEEとしての更なる自覚を芽生えさせ各種事業へ積極的な参加を促すものとなったほか、今後もJC運動を維持し発展させていくためには、地域と共存し青森青年会議所が主体となり地域を巻き込むことが必要であるということを認識してもらう機会となりました。

Leave A Reply

*

CAPTCHA